HOME | SITEMAP 

時差ボケを対策するには

海外旅行で時差ボケをしてしまって、旅行中何だか体調が悪いまま終わってしまったという経験がある人が少なからずいると思います。 飛行機で無理やり眠ることが出来れば楽ですが、中々旨く行きません。
そんな時の為に、日本を出発する前にしておくと楽になる方法や、海外で時差ボケを解消できる方法がありますので、ぜひ活用をしてみてください。

まずは時差ボケの原因です。

これは体内時計がくるってしまったために起こります。人間は普段生活をしていると、自然にお腹がすき、夜は眠くなります。これが体内時計なのですが、海外に行くと、体が活動をする時間帯なのに、現地は夜中だったとか、眠る時間なのに、現地についてら朝だったという事が起きると、体が驚いてしまうのです。
つまり、時差ボケは体本来が持っている体内時計を無理やり狂わせた時に起きるのです。 時差ボケの症状は様々あり、感じない人もいますし、一度体内時計がくるってしまうと元に戻すのに数日間もかかる事があります。
4.5時間の時差で時差ボケは起きやすくなります。 また、時差が大きい割に飛行機に乗っている時間が少ないと時差ボケになりやすいです。

ヨーロッパと日本の時差は9時間ありますが飛行時間は12時間です。ハワイとの差は19時間で、飛行時間は7時間です。その為ハワイはとても時差ボケになりやすいと言えます。
理由は、飛行機の中で調整をしにくい事が原因と言われています。